本文へ移動

入れ歯

入れ歯の種類

ブリッジと並んで、歯を失ってしまった部位の補修治療法が「入れ歯」です。

入れ歯には
・パーシャルデンチャー(部分入れ歯)
・フルデンチャー(総入れ歯)
の2種類があります。
 
義歯の入れ始めは少し違和感があると思います。
時間がたち、お口の中の組織や舌が義歯に慣れるにつれて、自然に噛んだり話しをしたりすることができるようになります。

もし歯が無くなってしまったら、食事もできないし、お友達とおしゃべりすることもできなくなってしまいます。
お口の健康は全身の健康に直結しているのです。
もし何らかの原因で歯を失うようなことがおきたら、必要な治療は早めにお受け下さい。

パーシャルデンチャー(部分入れ歯)

お口の中で歯が連なって抜けている部分がある場合、パーシャルデンチャー(部分床義歯)を入れます。
 
歯の無い箇所だけを部分的に入れ歯で補いますので、口腔内で残った歯に金属製のバネをかけて固定しなければ噛めません。
バネの場所によっては見えてしまう場合もありますが、目立たないように加工することもできますのでご相談ください。
 
それぞれの歯は、上下左右の歯と互いに支えあって、圧力や衝撃に耐えることができます。
上下の歯がそろわないままで物を噛むと、偏った力が歯にかかり、傾いたり動いたりして噛み合わせを悪くしてしまいます。また、思わぬところにむし歯ができたり歯周病の原因になるなど、最悪の場合には自分の歯を失う危険さえはらんでいます。

フルデンチャー(総入れ歯)

不幸にして歯が、上下もしくは一本もなくなってしまったときには、歯ぐき全体で支える形の入れ歯をいれます。
これがフルデンチャー(総入れ歯です。
フルデンチャーは、かなりの大きさの異物を口の中にいれますから、ブリッジやパーシャルデンチャー以上に違和感が強くなります。
それだけに、慣れるには時間と努力が必要になります。

なるべくお口の中に入れて普段通りに日常生活をし、一日も早くあなたの体の一部にして下さい。
慣れるに従ってあなたの歯ぐきと義歯の床との関係は安定し、物がよく噛めるようになります。
歯がある状態と無い状態では、お顔の輪郭まで変わります。
入れ歯を装着することで噛む機能が回復していき、口やアゴの周りの筋肉は活性化し若々しい口もとが戻ってきます。
担当の歯科医師と相談していただきながら、より良い入れ歯で生活していただきたいと願っております。
 
もし噛んだ時に痛かったり、違和感が大きい場合には、遠慮なくスタッフへご相談ください。

入れ歯の自由診療

どんなに歯科医療の技術が進んでも、自分の歯にまさるものはありません。
私たちはいったん治療が必要になったときにも、努力してそれに近づけたい、すべての患者様にご自分の歯と感じていただけるような治療を提供したいと考えています。

しかし、今の医療制度のもとでは、悪くいえば最低限度の治療をするのが精一杯というのが実状です。
歯は一生つきあう宝物です。十分に時間をかけ、あなたのお口の状態に見合った最善の治療をするには『自由診療』に頼らざるをえません。

入れ歯治療の保険の枠で認められているのは、レジン(プラスチック)の床(しょう)をバネやバーで固定するものです。
このバネの支えに使われる天然の歯は、つねにバネがかかっている横の方向へ力がかかっているので、徐々に傷んできてしまいます。またお口の中の異物感もかなり強いものです。

また「一度作ったら、次々におおきなものに作りかえなければならなくなった」という嘆きは、決して手入れを怠ったことだけが原因ではなく、噛む力(咬合力)を歯ぐきで受け止めていることで、歯肉やその下の骨が痩せてしまうことが原因だったり、材料のレジンが変形しやすい性質をもっているためと考えられます。
 
最初は小さな部分入れ歯でも、長年使うことで周りの歯も徐々に傷つき、また入れ歯も徐々に大きくなっていってしまうのです。
●金属床義歯
金属床義歯は、レジン床のこうした弊害を少なくするため、金属のよく伸びる性質を生かして、歯と歯肉にぴったりフィットする強くて薄い金属の床を作る技法です。
プラスチック製のレジン床の場合、強度の問題からある程度の厚みを必要とするので、食事の熱や味が伝わりづらくなってしまいます。
入れ歯使用者のほとんどの方が、食事が美味しくなくなったと感じるようです。
金属製の床であれば、厚みも薄く、熱も伝わりやすいため、食事の味も感じやすくなります。
患者様には生涯を通じて美味しい食事を楽しんでいただきたいと願っております。
●バネのない入れ歯
部分入れ歯で気になるのが、入れ歯をお口の中で維持させるための金属のバネですよね。
非常に弾性の優れた特殊なレジン(プラスチック)を使うことで、金属のバネを無くした入れ歯になります。
歯ぐきと同じ色合いのバネで目立たないだけでなく、金属バネと比べて汚れも付きづらくお手入れも簡単になります。
●インプラントデンチャー
インプラントデンチャーは、入れ歯とインプラントを磁石やボタンで固定する技法です。
入れ歯で食事をするときの咬合力はすべて歯ぐきが受け止めます。そのため噛むたびに入れ歯が沈み込んでしまい力がうまく伝わりませんが、インプラントを使って入れ歯の土台にすることで咬合力を補うことができます。
入れ歯が合わないための痛みも軽減でき、通常の入れ歯よりもしっかり噛むことができます。
今お使いの入れ歯を調節して使うこともできますし、多数歯のインプラントより本数も少なくすることで、予算を抑えたインプラント治療をすることができます。

入れ歯のお手入れ

入れ歯を装着してお食事をすると、歯があった時と同じように歯垢など汚れがたまります。
入れ歯はこまめにお掃除をして、清潔な状態で普段の生活を楽しんでいただければと思います。
 
流水で入れ歯専用のブラシで汚れを丁寧に洗い流していただくか、入れ歯洗浄剤などもご使用くださると良いでしょう。
パーシャルデンチャーの場合には、形が複雑なバネの部分に汚れが溜まりやすいので、流水で流しながら義歯ブラシで丁寧にお掃除してください。
さらにバネをかけているご自身の歯(維持歯)の周囲に特に歯垢がたまりやすいため、大切な維持歯が一番むし歯や歯周病に侵されやすい状態にさらされます。
入れ歯用のブラッシングの指導を受けて、お手入れを丹念に行いましょう。
また、残った歯を一層丁寧に磨いて下さい。

入れ歯の定期健診

入れ歯を入れることによって、歯ぐきが痩せてくる場合があります。
その時には入れ歯が合わなくなり、しゃべりづらかったり、食事の際に痛みがでたりします。
 
定期的に検診を受けていただき、こまめに調整してもらうようにしましょう。
 
患者様のお口に合わせて、せっかく作った入れ歯ですから、より長くお使いいただけるように溝デンスタッフも努力します。
医療法人社団溝口デンタルオフィス
〒920-0981 石川県金沢市片町1-4-18
TalkタテマチBld,2,3,4,
5階(総合受付5階)
TEL.076-221-0162
FAX.076-221-0152
・歯科
・歯科口腔外科
・矯正歯科
・小児歯科
・訪問診療
TOPへ戻る